現場レポート

東京都東大和市 N様邸 雨樋と破風板の塗装 下地処理〜上塗り

2022年1月9日更新

雨樋の塗装の画像

東京都大和市N様邸にて雨樋と破風板の塗装を行いました。

ここは水に触れる場所ですから状態には注意しておきましょう。

 

2階にある雨樋や破風板は作業を行うにも足場が必要になります。

外壁塗装のような足場を設置する工事のタイミングで修理しておくと費用の節約になりますので、これから工事をされる方はメンテナンスが必要か確認しておきましょう!

 

当社は無料で建物診断を実施しておりますので、建物の状態を知りたい方はぜひお声がけください。

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

【雨樋の塗装】

雨樋の塗装の画像

 

ここは風雨にさらされるため汚れがつきやすいです。

また、塩ビ性の雨樋は太陽の紫外線が原因して色褪せてきます。

雨樋は建物のアクセントにもなりますので、色褪せていると建物に古い印象を与えてしまいます。

 

作業はケレンを行い、上塗りをしました。

色は既存と同じホワイトで仕上げています。

施工前のと比べて色にツヤが出て美観性が向上しております。

 

雨樋修理についてはこちらから

 

【破風板の塗装】

破風板のケレンの画像

 

続いて破風板の塗装です。

最初にケレンを行なって塗装の密着性を高めていきます。

 

下地処理についてはこちらの「施工の際の下地処理」をご覧ください。

 

屋根や雨樋から水が伝ってくる場所ですから、塗装が劣化していると水が染み込んでしまいます。

今回施工した破風板は窯業板のため腐食はしませんが、水が染み込むと脆くなり劣化を早めます。

苔も生えやすくなりますので、塗装をして保護しておくことが大切です。

 

施工後の画像

 

雨樋と破風板の塗装が完了しました。

塗装は一箇所でも古いところが残っていると、そこがかえって目立ってしまい、仕上がりが中途半端になってしまいます。

建物の美観性を向上するだけでなく、損傷や劣化から守るためにも建物全体をメンテナンスすることが大切です。

 

“mu”

 

東大和市、小平市、西東京市、立川市、国分寺市、東村山市、武蔵村山市、東久留米市、多摩地区全域、東京23区全域、他で、塗装工事、屋根工事のことなら、西武建装へお気軽にご相談ください。

 

東大和市の外壁塗装・屋根塗装専門店【株式会社西武建装-塗り猿-】


東大和市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社西武建装
https://sebuken.com/
住所:東京都東大和市向原6-1164-3-107

お問い合わせ窓口:0120-220-134
(9:00~20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:東大和市、東村山市、武蔵村山市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://sebuken.com/case/
お客様の声 https://sebuken.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://sebuken.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://sebuken.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 労働安全衛生法による技能
  • 足場の組立作業責任者
  • ゴンドラ特別教育終了
  • SK化研認定業者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数