スレートのひび割れはどうしたらいい?屋根塗装前に知るべき重要なこと

2022年2月27日更新

スレートは化粧スレート、コロニアル、カラーベスト、などさまざまな呼び方があります。

住宅に多く普及するスレートは、セメントを原料とし、表面には防水のためにコーティングがされています。

 

このコーティングも経年劣化してきますから、性能や美観維持のためにも定期的に塗装が必要です。

スレートの劣化症状でよく見られるのがひび割れです。

 

屋根は雨に打たれ過酷な環境にあり、雨漏りの原因となりやすいですから、スレートがひび割れていると大丈夫なのか不安に感じるのではないでしょうか。

 

そこで、今回はスレートのひび割れは問題ないのか、どんな対処をしたらいいか、などを解説していきたいと思います。

 

【スレートのひび割れはどうすればいい?】

屋根の画像

 

スレートがひび割れる原因は、経年劣化や外部からの衝撃などが挙げられます。

太陽の紫外線や風雨に屋根はさらされていますので、年数の経過ともに痛みが出てしまうのは避けることはできません。

 

問題はスレートがひび割れているとどんな不具合を起こすかということではないでしょうか。

まず、スレートがひび割れていると心配になるのが雨漏りです。

 

雨漏りは建物の状態を著しく悪くさせるため、できるだけ雨漏りを起こさせないことが大事です。

結論から申しますとスレートがひび割れているだけで雨漏りを引き起こすことはありません。

 

屋根の防水はルーフィングが要でして、屋根材だけで防水しきれているわけではなく、屋根構造上、屋根材の下にまで水は侵入してきます。

 

ここまで水が入ってきても雨漏りしないのはルーフィングが水の侵入を防いでいるからです。

それではスレートがひび割れていても大丈夫かというとそういうわけではありません。

 

スレートがひび割れているといろいろな不具合を起こしますので、なるべくそのままの状態を長く放置するのは避けた方がいいでしょう。

スレートがひび割れているとどんな不具合を起こすかというと以下のことが挙げられます。

 

・スレートの劣化を早める

・ルーフィングや下地の劣化を早める

・スレートの破片が風に飛ばされてまわりの建物などを傷つけてしまう

 

スレートがひび割れていれば屋根の劣化を早めることになります。

また、破片は風で飛ばされてしまう恐れがあり、近隣の建物や車にぶつかって傷つけてしまう恐れがあります。

 

スレートのひび割れが雨漏りの直接の原因とはなりませんが、放っておくとさまざまな不具合を起こしてしまいますので、定期的にメンテナンスしておくことをおすすめします。

自然災害による損傷は火災保険が使えることがあります。

 

詳しくはこちらの「火災保険を使った修繕工事」をご覧ください。

 

【屋根塗装のときは補修をしましょう】

スレート補修の画像

 

屋根塗装を行うときはスレートのひび割れを補修しておくことです。

塗料は接着する効果もありますが、それだけではスレートのひび割れを直すには不十分です。

 

スレートのひび割れはコーキングを打って直します。

コーキングは塗料がのる変性タイプを使いますので、塗装をすれば補修跡は目立たなくなります。

コーキングをひび割れているところに打っておけば隙間が塞がり、破片が風に飛ばされてしまう恐れもありません。

 

せっかく塗装をしたのにひび割れが原因して摩耗が進み被害を大きくしてしまったらメンテナンスをした意味がありません。

屋根塗装を行うときは、スレートのひび割れもちゃんと補修しておきましょう。

 

屋根塗装についてはこちらから

 

【破損が大きい場合は差し替え】

スレート屋根補修の画像

 

スレートを補修できるのも損傷の限度があり、あまりに大きく破損している場合はコーキングでは対応できません。

また、破片が残っていない場合も同じです。

 

スレートの損傷が大きいとルーフィングが露出し、飛来物で傷つけてしまう恐れがありますので、代わりのスレート材で塞いでおく必要があります。

 

代わりのスレート材を使って補修するのを「差し替え」と呼んでいます。

差し替えとは破損したスレートを剥がして新しいスレート材を差し込む補修方法です。

 

一枚だけ剥がして補修できる場合や複数枚剥がさなければ補修できない場合があり、屋根の状態によって補修範囲は変わりますが、類似するスレートを使えば見栄えにも影響を与えませんので、スレートの破損が大きいときは差し替え補修をご検討ください。

 

【メンテナンスのタイミングは?定期的に点検を!

屋根の画像

 

屋根は建物の重要な構造体ですから、定期的にメンテナンスが必要です。

メンテナンスのタイミングはどの工事をするかによりますが、スレートの耐用年数は10~20年となっています。

 

しかし、スレートの塗装は10年ほどで劣化症状が出てきますので、このくらいの年数が経ちましたら一度専門業者に屋根の状態を見てもらうことをおすすめします。

 

また、屋根はスレートの他にルーフィングもいずれ新しくしておかなければなりません。

スレートに問題がなくてもルーフィングが古くなっていましたら雨漏りのリスクは高まりますので、適切なメンテナンスを行う必要があります。

 

ルーフィングの耐用年数は20年ほどですから、このくらいの年数が経っていましたら葺き替えか重ね葺き(カバー工法)の実施をご検討ください。

 

屋根の葺き替えや重ね葺き(カバー工法)については下のページをご覧ください。

 

「屋根葺き替え」

 

「屋根カバー工法(重ね葺き)」

 

【屋根の状態を確認するには?】

屋根の画像

 

ここまでスレートのひび割れについてを解説してきました。

スレートのひび割れは、そう深刻に心配する必要はありませんが、長く放置してしまうのは避けなければいけません。

 

しかし、屋根は下からでは状態を確認することはできませんから、スレートがひび割れていても気が付かないことがあるでしょう。

このような屋根が痛んでいるサインを見逃さないためにも定期的に屋根を点検しておくことが大切です。

 

屋根に登るのは落下する恐れがあり、非常に危険ですから、点検するときは専門業者に依頼することをおすすめします。

当社は無料で建物の診断を実施しておりますので、屋根の状態が知りたいという方はお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

屋根塗装に使う塗料には遮熱塗料というものもあります。

屋根塗装をご検討している方はこちらの「屋根塗装の遮熱塗料が気になる!どんな人におすすめ?」もご参考にしてください。

 

“mu”

 

東大和市、小平市、西東京市、立川市、国分寺市、東村山市、武蔵村山市、東久留米市、多摩地区全域、東京23区全域、他で、塗装工事、屋根工事のことなら、西武建装へお気軽にご相談ください。

 

東大和市の外壁塗装・屋根塗装専門店【株式会社西武建装-塗り猿-】


東大和市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社西武建装
https://sebuken.com/
住所:東京都東大和市向原6-1164-3-107

お問い合わせ窓口:0120-220-134
(9:00~20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:東大和市、東村山市、武蔵村山市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://sebuken.com/case/
お客様の声 https://sebuken.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://sebuken.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://sebuken.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 労働安全衛生法による技能
  • 足場の組立作業責任者
  • ゴンドラ特別教育終了
  • SK化研認定業者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数