現場レポート

東京都国立市 付帯部 雨樋の塗装

2021年11月21日更新

施工前の画像

東京都国立市の現場にて付帯部の雨樋の塗装を行いました。

雨樋も経年劣化を起こし、建物の美観に関わってくるため、外壁塗装の際は一緒に塗装を行いましょう。

それでは本日行った作業をお伝えしていきます!

 

【雨樋 施工前】

施工前の画像

 

上の写真は施工前の雨樋です。

汚れが付着し、色褪せているのが確認できます。

この雨樋は塩ビ製のもので、柔軟性があり耐久性が高いのですが、樹脂のため年数が経ってくると色が褪せてきます。

 

既存の雨樋は色がホワイトなため、そこまで色褪せが目立ちませんが、色がブラックやブラウンだと色褪せが起きているのが顕著にわかります。

塗装が古くなっていると建物の見栄えが落ちてしまいますので、塗装をして美観を向上させていくことが大切です。

 

【塗装を行うときは雨樋の中の洗浄も一緒に行いましょう!】

施工前の画像

 

雨樋は屋根から流れる雨水を下に排水する役割があります。

風雨にさらされているため、汚れや苔の付着が多くなる場所ですが、さらに雨樋の中にゴミが溜まってしまうこともあります。

 

雨樋の中にゴミが溜まると水の流れが悪くなり、水を堰き止めるくらいにゴミが溜まってしまえば水が溢れてきてしまいますので、定期的に掃除を行っておくことが大切です。

 

しかし、雨樋は高い場所にあり、そう簡単に掃除することができないかと思います。

 

外壁塗装では足場を設置し、建物全体を高圧洗浄しますので、このタイミングで雨樋の中も洗浄してあげましょう。

 

塗装工事の工程についてはこちらの「外壁塗装」をご覧ください。

 

【雨樋の塗装】

雨樋塗装の画像

 

雨樋は下地処理を行なってから塗装します。

下地処理は塗装の耐久性を左右する大切な工程ですから、念入りに行なっておくことが大切です。

 

下地処理についてはこちらの「施工の際の下地処理」をご覧ください。

 

雨樋の塗装は、状態によって多少工程が変わります。

状態が悪く、塗装の密着が期待できない場合はシーラーなどの下塗り剤を塗ってから仕上げ剤で塗装をしていきます。

 

塗装は建物の状態や素材に合わせて正しく行なっていくことが大切です。

そのためにも工事前に建物診断を行い、事前にどこが劣化しているかを把握して工事プランを立てていきます。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

塗装は建物を維持していくために必要なメンテナンスですので定期的に行っておきましょう!

“mu”

 

東大和市、小平市、西東京市、立川市、国分寺市、東村山市、武蔵村山市、東久留米市、多摩地区全域、東京23区全域、他で、塗装工事、屋根工事のことなら、西武建装へお気軽にご相談ください。

 

東大和市の外壁塗装・屋根塗装専門店【株式会社西武建装-塗り猿-】


東大和市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社西武建装
https://sebuken.com/
住所:東京都東大和市向原6-1164-3-107

お問い合わせ窓口:0120-220-134
(9:00~20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:東大和市、東村山市、武蔵村山市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://sebuken.com/case/
お客様の声 https://sebuken.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://sebuken.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://sebuken.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 労働安全衛生法による技能
  • 足場の組立作業責任者
  • ゴンドラ特別教育終了
  • SK化研認定業者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数