現場レポート

東京都東大和市 N様邸 シーリング打ち替え オートンイクシード

2021年12月17日更新

施工前の画像

東京都東大和市N様邸にてシーリング打ち替えを行いました。

シーリングが打たれている場所は水が入らないように防水がされています。

 

ここが傷んでしまっていると水が入ってくる恐れがありますので、定期的にシーリングは打ち替えてあげましょう。

それではシーリング工事の作業をお伝えしていきます。

 

【シーリング打ち替え】

シーリング工事の画像

 

シーリングを打つ両端にはマスキングテープで養生します。

シーリングは最後にヘラで均す作業がありますので、養生をしておかないと周りにシーリングがついてきれいに仕上がりません。

 

あらかじめ養生をしておくことが大切です。

充填箇所にはプライマーを塗って密着性を高めておきます。

 

シーリング工事の画像

 

この後はシーリングを充填します。

施工箇所が下の方で作業しにくいところでしたので、シーリングのノズルはL型に変えました。

通常はまっすぐ伸びたノズルですが、今回施工したところのような入り込んだ場所はL型のノズルが便利です。

 

シーリング工事の画像

 

最後にヘラで均して、マスキングテープを剥がし、作業が完了です!

シーリングは時間が経つと固まってきてしまいますので、手際よく作業することが大切です。

 

【長寿命型シーリング オートンイクシード】

シーリング工事の画像

 

今回はオートンイクシードを使いました。

 

従来のシーリングは5〜10年ほどとそこまで耐用年数が長いものではありませんが、オートンイクシードは優れた耐久性を持っており、20〜30年保つとされています。

 

シーリングは建物の防水に欠かせませんので、耐久性にこだわるのならオートンイクシードがおすすめです。

 

オートンイクシードについてはこちらから

 

工事で使用する材料はいろいろ種類がありますので、わからないこともたくさんあるかと思います。

もしお家のことでなにかお困りのことがございましたらご相談にのりますので、お気軽にお声がけください。

 

当社の無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

当社についてはこちらをご覧ください。

 

“mu”

 

東大和市、小平市、西東京市、立川市、国分寺市、東村山市、武蔵村山市、東久留米市、多摩地区全域、東京23区全域、他で、塗装工事、屋根工事のことなら、西武建装へお気軽にご相談ください。

 

東大和市の外壁塗装・屋根塗装専門店【株式会社西武建装-塗り猿-】


東大和市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社西武建装
https://sebuken.com/
住所:東京都東大和市向原6-1164-3-107

お問い合わせ窓口:0120-220-134
(9:00~20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:東大和市、東村山市、武蔵村山市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://sebuken.com/case/
お客様の声 https://sebuken.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://sebuken.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://sebuken.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 労働安全衛生法による技能
  • 足場の組立作業責任者
  • ゴンドラ特別教育終了
  • SK化研認定業者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数