20年以上の屋根は葺き替えをご検討ください!葺き替えのタイミングを解説!

2022年8月16日更新

いつごろ屋根のメンテナンスをすればいいかタイミングを知っていますか?屋根が古くなると色褪せや汚れが目立ってきてなんだか建物が古く見えてきます。

 

しかし、見た目さえ気にしなければ、そこまで屋根のメンテナンスの必要性を感じないかもしれません。しかし、屋根が古くなると見栄えが悪くなるだけでは済まされません。屋根は風雨にさらされる過酷な環境にあるため、ダメージもそれなりに負っています。

 

屋根が傷んだまま長期間放置すると雨漏りの危険性がありますから、かならず屋根のメンテナンスが必要です。

 

20年以上経過した屋根は水が染み込みやすくなり、雨漏りのリスクが高くなりますので、防水性を向上させるために葺き替えをおすすめしております。

 

屋根は私たちの生活を守る大事な構造体です。これからも長く大切なお家をお使いいただくために、今回は屋根の葺き替えのタイミングについてお伝えいたします!

 

【葺き替えのタイミングは築20年目以降】

雨漏りに注意!20年以上の屋根は葺き替えをご検討ください!

屋根の葺き替えは、足場を設置して今の屋根を剥がしてから新しく屋根を葺く工事なため、なんだか大掛かりで大変そう、と思われるかもしれません。

 

たしかにお住まいのリフォームの中では、比較的に規模の大きい工事かもしれませんが、そう何回も行う工事ではありません。

 

葺き替えは建物を守るためにも必要な工事ですから、ある程度の年数が経っていたら工事を考えておく必要があります。それでは屋根の葺き替えのタイミングはいつなのか、気になるところだと思います。

 

ずばり屋根の葺き替えは築20年目以降にご検討ください。

 

屋根が古くなってくると水が染み込みやすくなってきます。屋根を傷んだままにしておくと雨漏りを引き起こすリスクが高くなりますので、そのまま放置するのは禁物です。雨漏りは建物の寿命を縮める原因にもなるためご注意ください。

 

雨漏りについてはこちらの「雨漏りかもと思ったらするべきこと」をご覧ください。

 

【20年目以降はルーフィングの寿命が近い!雨漏りの原因に】

雨漏りに注意!20年以上の屋根は葺き替えをご検討ください!

これまで大丈夫だった屋根が20年以上経つと、なぜ水が染み込みやすくなるのか疑問に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?経年劣化といっても、どこが劣化して水が染み込むのかちゃんと原因はあります。水が染み込んできてしまう原因はルーフィングの劣化です。

 

屋根の防水の要はルーフィングにあります。

 

ルーフィングとはフェルト紙にアスファルトを含浸させた防水シートで、現在は樹脂やゴムも一緒に添加した改質アスファルトルーフィングが主流になっています。

 

ルーフィングは屋根材で守られて表には見えてこないものですが、屋根に流れる水はルーフィングが敷かれていることで屋内に入り込んできません。そのルーフィングが劣化しているとどうなるのか、というのは想像に難くないでしょう。

 

ルーフィングの寿命は20年ほどです。

 

寿命を迎えると水が染み込み、屋根から雨漏りしてしまいます。雨漏りしてからでは遅いですから、被害がでる前に屋根を葺き替えて建物を守ることが大切です。

 

雨漏りを放置するリスクについてはこちらの「雨漏りを放置すると危険!」をご覧ください。

 

【ルーフィングだけではない!雨漏りの原因となる劣化】

雨漏りに注意!20年以上の屋根は葺き替えをご検討ください!

屋根から雨漏りする原因のほとんどがルーフィングの劣化ですが、他にも原因となるものがあります。それは以下の劣化症状です。

 

【雨漏りの原因となるもの】

・シーリングの劣化

・天窓の劣化

・棟板金の劣化

 

屋根は下からでは状態を見ることができません。上記の劣化症状も屋根を点検しないとわかりませんから、定期的に不具合がないか点検することが大切です。

 

当社は無料で建物診断を実施しております。お家のことでお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください!

 

西武建装は板金工事も承っております。詳しくはこちらの「屋根板金工事」をご覧ください。

 

【屋根の葺き替えは大切なお住まいを守り、これからも安心して過ごしていけます!】

屋根を葺き替えることで、大切なお住まいを守り、これからも長く安心して生活していくことができます。屋根の葺き替えのメリットは、屋根が新しくなるだけではありません。

 

瓦屋根のような重い屋根は軽い屋根材に葺き替えることで耐震性を向上させることができます。

屋根が重いと地震の揺れが大きくなり、倒壊するリスクがありますので、耐震性が気になっている方は軽量な屋根材に葺き替えてみてはいかがでしょうか。

 

もし、屋根がないお家だとしたらどうでしょうか?想像してみてください。

とてもではありませんが、雨や風が入ってきてまともには住めませんよね。

 

屋根は私たちの生活を守る欠かせない構造体です。簡単に目に入るような場所ではありませんので、ついついそのままにしてしまうかもしれませんが、太陽の紫外線や雨、風などで経年劣化してきますので、メンテナンスを忘れないようにしましょう。

 

西武建装は屋根の葺き替え工事も承っております。屋根工事をお考えの方はぜひご相談ください!

詳しくはこちらの「屋根葺き替え」をご覧ください。

 

【外壁塗装や雨樋工事もご一緒に!詳しくは西武建装に相談を】

雨漏りに注意!20年以上の屋根は葺き替えをご検討ください!

屋根の葺き替えを行うときは、できるだけ高所作業となる工事も一緒にしておくことをおすすめします。

 

屋根の葺き替え工事は足場を設置しますから、効率良く工事を行うことでメンテナンスコストの節約になります!

 

足場は設置ごとに費用がかかりますので、何回も足場を立てていたらメンテナンスコストも上がってしまいます。

 

おすすめは外壁工事や雨樋工事など足場がないとできない工事を一緒に行っておくことです。

 

西武建装は無料で建物診断を実施しております。診断後はお客様に最適な工事プランをご提案させていただきますので、お家のメンテナンスをご検討している方は、ぜひ当社の無料診断をご利用ください!

 

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

“mu’

 

東大和市、小平市、西東京市、立川市、国分寺市、東村山市、武蔵村山市、東久留米市、多摩地区全域、東京23区全域、他で、塗装工事、屋根工事のことなら、西武建装へお気軽にご相談ください。

 

東大和市の外壁塗装・屋根塗装専門店【株式会社西武建装-塗り猿-】


東大和市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社西武建装
https://sebuken.com/
住所:東京都東大和市向原6-1164-3-107

お問い合わせ窓口:0120-220-134
(9:00~20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:東大和市、東村山市、武蔵村山市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://sebuken.com/case/
お客様の声 https://sebuken.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://sebuken.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://sebuken.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 労働安全衛生法による技能
  • 足場の組立作業責任者
  • ゴンドラ特別教育終了
  • SK化研認定業者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数